2017_bill2.jpg

3年次のカリキュラム

学習概要

●「コース選択制」という他校に先駆けた臨地実習を取り入れ、
 卒業後、即戦力として活躍できる力を身につける
●継続管理やPMTC、SRPなどの専門業務も、実践形式で習得
●自ら高い目標を掲げ活躍の場を広げていける、自立精神を養う
●卒業研究を仕上げ、発表する

3年次では、これからの歯科衛生士に最も期待される口腔疾患の予防業務や、継続管理法を実践的に学びます。また実習では、さらに深く学びたい分野や将来の職場を意識した、「コース選択制」を取り入れています。

学習目標

(1)個々の患者様の状況や多様性に対応する
(2)歯科衛生士という立場からの見解をしっかりと述べることができ、チームのなかの存在感を高める
(3)ライフステージに応じた予防プログラムをプランニングし、実践できるようにする
(4)継続的な口腔保健管理を行う
(5)診療に関わる経営管理にベストな提案ができる

基礎
生活行動科学
専門基礎
歯・口腔の構造と機能 III (摂食・嚥下のメカニズム)
疾病とその成り立ち II (生活習慣病)
栄養と代謝の働きB
衛生行政・社会福祉
専門
臨床歯科医学 III (治療と回復、その予防)
歯科予防処置論 III (口腔保健管理)
歯科保健指導論 III (指導の計画提案から評価まで)
歯科診療補助論 III (診療室の管理業務)
生死論
メンテナンスシステム論
選択必修
臨床臨地実習学習法 III
集中講義
卒業研究
臨床・臨地実習
選択実習 I・II
●A→歯科疾患予防コース
●B→障害者・高齢者健康支援コース
●C→地域・学校歯科保健コース
●D→臨床専門コース
※前期・後期で上記4コースのうちから自由に2コースを組み合わせて選択できます。
(例:前期実習=B・後期実習=Dなど)

学習テーマ

自分の目標に合った実習カリキュラムを、自由に組める選択制。
卒業後、社会でしっかりと羽ばたくための自律精神も養います。

主な授業科目の内容

選択実習
学びたい専門コースを自由に選択、以下のような臨地実習を行う。
月曜日→ K町で乳児検診、午後は3歳児歯科検診に参加。
火曜日→ K町で乳児検診、午後は3歳児歯科検診に参加。
水曜日→ K町で乳児検診、午後は3歳児歯科検診に参加。
金曜日→ K町で乳児検診、午後は3歳児歯科検診に参加。
生活行動科学
患者様をより深く理解し、歯科医療に役立てる。
メンテナンスシステム論
う蝕や歯周疾患の継続管理システムを学び、自分なりに工夫を。
PMTC、SRPのエキスパートを目指す。

時間割
1 9:00〜10:30 選択実習I−C
(地域学校歯科保健)
選択実習I−C
(地域学校歯科保健)
生活行動科学 選択実習I−C
(地域学校歯科保健)
2 10:40〜12:10
3 13:00〜14:30 選択実習I−C
(地域学校歯科保健)
メンテナンスシステム論
4 14:40〜16:10