2017_bill5.jpg

就職について

歯科衛生士と聞いてどんな姿をイメージをするでしょうか?歯科医院で白衣を着た女の人?
歯科医院では歯科医師、歯科衛生士、歯科助手、歯科技工士、受付事務、などが働いています。歯を削ったり、麻酔をしたり、病気の診断や治療はもちろん歯科医師の仕事です。歯科医師の横で器具や材料を準備したり、患者さんの唾を吸ったりするアシスタント業務に徹しているのは、歯科助手。もちろん歯科衛生士もアシスタント業務を行いますが、主な仕事は予防業務です。

歯科衛生士の3大業務

歯科予防処置

虫歯と歯周病を予防することです。
患者さんの歯・口腔の病気を予防するために、歯周病などの原因となる歯垢や歯石を取り除きます。
また、虫歯予防のために歯にフッ化物を塗るなどの直接処置を行います。

歯科診療補助

歯科医師の診療を補助することです。
患者さんが安全で快適に歯科治療を受けられるよう、歯科医師の指示に従って診療を補助したり、
器具の消毒・準備・管理など行います。
歯科医師の業務を、サポートする重要な業務になります。

歯科保健指導

患者さんが口腔内の健康を維持できるように
歯磨き指導・食生活指導などそれぞれの患者さんに合わせた専門的な指導を行います。
幼稚園や小学校、介護施設などへ直接出向き指導を行うこともあります。
歯科保健指導により、小さなお子様からご高齢の方まで幅広い年代の健康を守ります。

就職率100%!!

歯科衛生士は全国的に不足傾向にあります。学生一人当たりの求人倍率は徳島県内4倍。
県外ではもう少し高くなります。主な就職先は、歯科診療所ですが、大学病院、総合病院、市町村や歯科衛生士学校などもあります。また、高齢者施設での活躍も期待されています。
県外での就職や再就職にも有利です。

History

1972年
財団法人 四国歯科衛生士学院 設立
・徳島県知事認可
1973年
歯科衛生士養成所
・厚生省認可
1974年
学校設立許可
・徳島県知事認可
1988年
2年制教育課程発足
・厚生省認可
1995年
専修学校医療専門課程設置認可
・徳島県知事認可
2001年
訪問介護員養成事業(2級課程)指定
・徳島県知事認可
2005年
3年制教育課程発足
・厚生労働省認可
2010年
徳島市へ校舎移転
・厚生労働相認可